2020年09月13日

我を忘れたアシナガバチ

 9月に入ってオンラインセミナーが3つあって首が回らなくなって来ている。いつもなら地方のために簡単に出席できないので欲張って全部申し込んだのが失敗。昼間も暑く気力体力が失せてしまい神経は弛緩しっぱなし、昔の秋のイメージはなく、京都でも温暖化で紅葉が綺麗にできなくなって来た、苔寺の苔が種類が減ってきたと言われたのはもう20年以上前のこと。今年は一挙にこの温熱化が到来したような感じ。
 先日の8月21日に家に書いた迷い込んだアシナガバチの写真が出て来た。この年は、ハチの動向が例年と異なり、巣を作らずクリニックの外壁に集結したり、玄関ドアの上辺りには特に集まって100以上いたであろうか。ドアの開け閉めのたびにハチを挟んで潰しやしないか、入り込まれたり襲ってくるのではないかと出入りは恐る恐るであったが、何故か家の中には全く興味を示さずにゆっくり閉めると挟まれることもなく、襲われて刺されることもなかった。ところが、2階の一室の戸を少し開けていたら、部屋に入り込まれてしまい写真のように天井のセンサー周囲にいつに間にか集結(写真)。何とか蚊取り線香を焚いたりして追い出そうとしたが、そのうちに床にも這いつくばるハチが出てきた。気づかないで踏み出した足に当たったハチがいて右足親指を刺されてしまった(写真)。でどうしても追い出しきれない1匹が残ってしまい、数日経って力尽きて脱水になったのかヨレヨレして洗面所に。ここで奥さんが蜂蜜を溶かした水をスポンジに吸わせて置いたら一生懸命に吸い出した(写真)。場所は洗面所の鏡の前。この後に窓を開けまくり、ようやく家から脱出、退去。
 この年の頃より以前からネオ二コチノイド系(図)の農薬によるハチの行動異常による大量死が報告されていたようであるが、もしかしてこれを含めた農薬や殺虫剤が原因かも・・・。ハチを見れば人を刺す相手としか見なさない、雑草を見れば除草剤をすぐに使いたがり、またその殺虫剤・除草剤をずらりと並べた店頭、そしてそれを許している行政。我々は、ある程度自然を食い物にしないと生きてゆけないので一定範囲では許されると思うが、すでに一線を超えて久しいような気もする。グレタさんじゃないけど、 Entire ecosystems are collapsing.We are in the begininng of a mass extinctionの通りなのでしょう。個人にできることは限られているが、できる限りこういうものは使わないようにするしかない。
IMG_1839.jpeg
IMG_1840.jpeg
IMG_1843.jpeg
スクリーンショット 2020-09-13 14.40.04.png









posted by すここ at 10:50| Comment(0) | 日記

2020年08月30日

その後の昆虫・動物たち

 日中まだ真夏日であるが、夜は随分暑さも和らぎ、過ごしやすくなった。夜空は見えていた三日月が次第に膨らみ、そして南側から東に回転して移動して見えるようになって来た。
IMG_4642.jpeg
IMG_4643.jpeg
家の門灯は、蛙にとってお気に入りの場所。どうやら光に引き寄せられてくる虫を捕獲できる絶好の狩猟の場所のようで3匹いることが多くなってきた。蛙は個体の区別がつかないので常連なのか、入れ替わっているのか、強い者勝ちなのかよく分からない。何だか変な奴ら。
IMG_4605.jpeg
 窓にはカマキリ。こいつは、朝から晩までクリニックのドアにずーと居たカマキリによく似ている。珍しくはないが、拡大してみる。更に回転させるとETに少し似ていなくもない。子供の頃、手を出すと気の強いカマキリには、よく噛みつかれて痛かったものだ。何で一日中ここに居るようだが、よく意図が分からない。へんな奴。
 夜9時過ぎに窓に張り付いていたカマキリ。あんまりかわいくない。朝にドアにいたカマキリと同じか?
IMG_4616.jpeg
 朝ドアの取っ手にいたが、結局日没後までずーと滞在。
IMG_4607.jpeg
 その拡大。かわいくない。
IMG_4609.jpeg
 更に拡大。ややET似、ますますかわいくない。
IMG_4609 (1).jpeg
 クリニックの壁にこの前日朝から日没後も全くおんなじ格好、位置にいたスイッチョンらしきやつ。ここに獲物はあんまりいそうに無いと思うが変な奴。
IMG_4636.jpeg
 お昼頃裏の雑木林にいたトカゲ。青光りして美しいが、警戒心が強く気配をこちらの察知されるとすぐ物陰に
IMG_4634.jpeg
IMG_4635.jpeg
 やはりこの雑木林の池(水たまり)の見栄えを良くしようと思って防水シートをめくったところ細長いウナギみたいなヘビが出てきた。どこから来たのか、いつの間にか、少なくとも舗装道路を横切って来たのだと思う。
IMG_4659.jpeg
IMG_4660.jpeg
 すぐにこちらを見てシートの奥に引っ込んで行く。かわいそうだが、もう少しシートをめくると隠れるところが無くなったので水の中に潜って池中央に置いたプランターに頭を突っ込んで隠れたつもり。
IMG_4662.jpeg
 この日のスココ。猫タワーを見上げるとどっちが前か後ろか分からないが足だけ見える。
IMG_4619.jpeg
 何のことはない腹出しスココ。寝ている。今日もよい気全開。
IMG_4627.jpeg
 人の気配がするとすぐ感づいて覚醒。遊んで相手をしてくれる事を期待する。
IMG_4629.jpeg
 やっぱりこの子が一番変な奴。









posted by すここ at 23:23| Comment(0) | 日記

2020年08月24日

本日いつもの日常

 8月23日、今日は朝起きるとややツバメより大きな鳥のうちの庭や周辺にやって来て盛んに飛び回ったり、高い木に止まったりぐるぐる繰り返している。残念ながら、鳥の名前は知らない。食べ物があるわけでもなく、何の目的か分からない行動だが、しばらく見入ってしまった。
IMG_4573.jpeg
IMG_4569.jpeg
 裏庭に、といっても裏の雑木林に2カ所のバラが一寸咲いた。今年2回目かと思っているが、何でも品種改良で年4回は咲く四季咲きというのが当然らしい。白と極薄いピンクがかった白で品がある。花言葉は愛だけでなく色や本数、枝、葉、開花の状態やその組み合わせで沢山あるそうだが、自分には無縁。
IMG_4512.jpeg
IMG_4513.jpeg
 日中のスココ。暑いのか、昨日のKさん訪問で緊張後の疲れか、何でも無くてもそうなのか分からないが、相変わらず猫タワーでぐうたらスココ。よい気のスココ。
IMG_4538.jpeg
IMG_4578.jpeg
IMG_4579.jpeg
今日の夜。空には三日月。日中はとても暑いが、夜は秋の虫の気配で涼しげ。リーリー、リリーン、リーンリーン、チーリー、キーンなど概して高音で表現が下手でうまく伝えられないが、もっと複雑な深みのある鳴き声。
IMG_4543.jpeg
夜の門灯のてっぺんは蛙の定位置。何だかいい場所らしい。昨日は2匹、今日は一匹が独占。
IMG_4544.jpeg
IMG_4547.jpeg
IMG_4589.jpegIMG_4596.jpeg
 携帯を向けると門灯から降りて逃げる。
でも完全に逃げるわけでも無く途中で止まって地面を見下ろしている。お尻から見たところ。今日は灼熱地獄も一段落。一応は秋に向かってはいる。
IMG_4597.jpeg


posted by すここ at 00:22| Comment(0) | 日記

2020年08月22日

知人の訪問

 本日は、久しぶりに知人のKさんに自宅で会った。お互いの近況を報告するが、80に近いんのにとても元気。会話の70%は、Kさん、その中で詐欺の電話があって若い男のかと思われる声で未払いのインターネット代金16万円を支払って下さいという内容。インターネットはやっていたが、身に覚えがないというと色々長々男は説明してきた。それでもよく分からないというと相手は『ば〜か』と捨て台詞を言って切ったそう。Kさんは、相手は相当勉強してきたのでしょうねと余裕の変な感心。振り込め詐欺より、金額が低く取り沙汰されないが、身近にもこういうことがあると次は自分のところにくるかもと思う。これとは別にKさん、どうしても対人関係で気になることがあったので静岡の占い師に見てもらったところそれは人間の性というものですという当たり障りのない答えであった。しかし、祈祷をすれば、関係は好転するという。だから毎日祈祷をしてくれるというのでいくらか料金が必要かと尋ねたら、日数によるが最低で70万、最高で1000万円と聞いてびっくり。そこで家で相談してくると言ったら、誰かに相談すると効果がどんどん無くなってくるというので呆れたそう。割と有名なところなのでこんな調子でも藁にもすがる思いで条件がたまたま揃えばはめられる人が出てくるのかと思う。
 さて、物見高いスココが猫タワーの上からKさんを観察。知らない人は怖いので毛を逆立てて、目玉をまん丸くしている。やがて、降りてきてkさんに接近。匂いを一生懸命嗅いでいる。再び猫タワーにするすると登って、その後はじーと目をそらすことなく監視。その後Kさんの帰りを見送ってきたが、その間に降りてきてKさんの座っていた椅子を上り下りしてまんべんなく匂いをしばらく熱心に嗅いでいたと奥さんが感心していた。どうやら、素っ頓狂に見えるスココも丁寧に匂いで記憶しておくように思える。イヌももちろんそうだが、改めて不思議な感じがした。
 Kさんが訪問するまでは、いつもの能天気スココ。よい気。
IMG_4539.jpeg
 来訪と共に一気に緊張モード。毛が逆立っている。
IMG_4553.jpeg
 集中、緊張、目ん玉見開き丸くなる。
IMG_4552.jpeg
 それでも逃げない物見高いスココ。猫タワーから降りて用心深く接近。見上げるスココ。
IMG_4561.jpeg
 Kさんの匂いを丹念にチェック。Kさん散歩先や訪問先のイヌはすべて手なずけられるくらいの優しい動物愛護家。次回の訪問時のスココの反応が楽しみ。
IMG_4556.jpeg
  
posted by すここ at 22:16| Comment(0) | 日記

2020年08月21日

まだ焼けるような夏


 今年は異様な天変地異を思わせる熱い夏が続く。家の散水用の 水槽には相変わらずオタマジャクシが棲み着いて世代交代に励む。熱さにに耐えかねたかと思われるアシナガバチが水を求めてこの水槽にやって来た。(写真)
 7−8年前にクリニックの2階を開けていたら、アシナガバチが迷い込んで逃げ場を失っていた。いくら窓を開けてやっても気づかなくて、2−3日して洗面所にヨレヨレになって這いつくばっていた。窓は近いのに飛びたくてももう力がでなくて動けない様子であった。奥さんが調べて、蜂蜜を水に溶かしてスッポンジに浸して蜂をそーと刺されないように注意深く雑巾の上に誘導してこのスッポンジの上に載せたらこの溶解液を吸ってきたので一寸驚いた。しばらく一生懸命に吸っていたが、やがて元気が出てきたようで、飛び立ち窓から外に脱出していったことがある。蜂が蜂蜜に救われたのでとても奇妙な話で印象に残った。以前には3回蜂には刺されているが(写真)、何だか、足長蜂も仲間のような気がして、いつか恩返しでもしてくれないかなあなどと思う。但し、刺されているうちに感作されてアナフィラキシーを起こすことがあり勿論要注意ではある。今日も蜂が裏庭を何匹も飛び交っている。
 水槽の中に鉢が置いてあり、その上には日よけの簀の子。この簀の子の下の鉢の壁にアシナガバチ。
IMG_4440.jpeg
 上のアップ。暑くて朝から水飲みにきた蜂が簀の子の影に見える。
IMG_4441.jpeg
 2015年にアシナガバチに刺された1回目。刺された瞬間激痛。やがて右手の甲は腫れてパンパン。
IMG_1080.jpeg
 やはり2015年に2回目にアシナガバチに刺される。前回と同じくツツジの下に茂る雑草を抜いていたら突然飛び出してきて手首の下をあっという間に指された。まだあまり時間が経っていない時と記憶している。
IMG_0909.jpeg
posted by すここ at 23:52| Comment(0) | 日記