2020年10月09日

不妊治療と保険適応

 先日、新政権の政策の目玉の一つに不妊治療の保険適応が挙げられた。何となく保険適応というと広く一般に誰でも安価に進んだ治療が受けられるような印象を与えるが、実際にはそう簡単なことではない。今でもこうすればうまくゆく簡単なことなのに何故か保険では通らない方法や薬剤はいくつもある。保険適応の考えは、縛りを設けて枠組みから外させないというのが基本である。また、保険適応にするには通常時間がかかるということもある。不妊治療は、非常に進歩が早く自由度が高いことが特徴であるため全く逆方向である。そして、料金の計算も煩雑となり、人工授精や体外受精の助成金との兼ね合いも考慮しなくてはいけない。また、混合診療は基本的に不可であることを考えると保険診療だけでは難しく結局自費とならざるを得ないし、そもそも高額なのに今でも存続の危うい保険診療を圧迫する事になる。今でも1ヶ月に何回も通院していただくとどうしても一件あたりの保険点数が高くなるので指導を受ける羽目になり、何か保険を荒らす悪者のようである。したがって短期間で何をどこまで保険で行うのか、取りまとめようとしても難問であると思う。更に大きく見れば出産後の育児と仕事の両立する環境整備が必要なのに未だに不十分。そもそも結婚と仕事が女性では両立が困難で、家事や付き合いも負担となり、独身でいた方が制約なく行動ができて結婚が男性に比べて不利になったりすることが多いように感じる。まずは、混乱を避ける意味でも助成範囲の拡充、金額のアップを行い、仕事を辞めたりせずとも気兼ねなく通院ができるようにして十分に保険制度を不妊に即した、特化したような方向に検討を重ね慎重に進めてゆく方が良いのではないかと思う。
 さて秋といっても一気に冬になりそうな気配で少し時期外れですが、9月の終わりに咲いた花。
まずは百日紅。東京で以前に太宰治文学サロンを訪れた時に咲いていてこの後から植えようと思っていた。近所にはとても立派な気になった百日紅も見かける。この赤がいい。
IMG_4911.jpeg
 ピンクのやつ。まだ小さ目。なお周囲の背景は雑草のように蔓延るサツマイモの葉っぱ。
IMG_4910.jpeg
 山吹。これも抑制の効いた黄色。
IMG_5264.jpeg
 植え替えたばら。単発ながら、近づいてしげしげと見るときれい。
IMG_5608.jpeg
 まだ、咲いては消え、咲いては消えをくりかえすオクラ。オクラは巨大化して食べる気がしないが、そのまま伸び放題にしてある。花は、オクラのイメージと違うが、真ん中を見ると角角していてオクラの断面と共通?。
IMG_5617.jpeg
 こちらはD2で買ってきた百日紅のももこ。今年植えてまだ2ヶ月。花は申し訳程度。
IMG_5610 (1).jpeg
 百日紅の林を目指して、まずは5本苗木を植えた。後何年すれば立派になってくれるか?
IMG_5267.jpeg




 
posted by すここ at 16:57| Comment(0) | 日記

2020年10月04日

本日のカエル他

 本日、と言っても10月4日に日付が変わり3日の土曜日のカエルの様子だが、夜から明け方はやや肌寒くなったのにまだカエルがいる。さすがに門灯には全く姿なく以前のような夜の賑わいはないが、オタマジャクシは濁った水槽を覗くと随分と減ったがまだ見かけることがある。学生の頃は、10月は衣替えの季節で詰め襟の黒の学生服を違和感なく着られたが、まだ日中はまだ暑くて半袖か、薄い長袖程度が適当。カエルも温暖化の故か。
 きゅうり畑に密度高い。
IMG_5634.jpeg
 なぜか、きゅうりが好き。あまりカエルが食べそうな虫はいそうにないが。
IMG_5566 (1).jpeg
 このカエルが張り付いているきゅうりは取り時なのだが、折角気持ちよさそうでびくともしないのでやめておく。多分、お化けきゅうりになってしまう。
IMG_5603.jpeg
 姿が目立っても見渡せる葉っぱの上が良いのか?
IMG_5637.jpeg
 それとも葉っぱの陰がいいのか?よくわからない。カエルの個々の性格や縄張りもある?個体の区別がつけば良いのだが、とても見分けがつかない。
IMG_5639.jpeg
 夜のクリニックのドア越しに張り付いているカエルの背中側とお腹側
IMG_5615.jpeg
 垂直なところでへばりついているためか、吸盤が目立つ。
IMG_5616.jpeg
 とにかく庭、畑を見渡せばそこら中にカエルがいっぱい。
posted by すここ at 00:29| Comment(0) | 日記

2020年09月28日

静岡訪問

 本日は研修会で静岡に。コロナの中リモート会場の準備や有意義な講師の方を招いて予定通り行ってもらった関係者の方に感謝。終了後は、駿府公園を通り抜けて静岡駅へ。
IMG_5570.jpeg
 公園内は、静かでコロナとまだ灼熱のためか休憩所に人はいるが、全体として人気は少ないようだ。
IMG_5568.jpeg
 公園内に彼岸花。やや花びらが冴えないかと思ったが、駅構内の花屋さんにあった彼岸花も同じ感じ。
IMG_5571.jpeg
IMG_5573.jpeg
 公園から出て県庁前の楠木。この木も欅の木も以前より大きくなったようだが、枝に別の植物がいたり年寄りっぽくなったようにも見える。まだまだ変な気候にめげず成長してほしい。
 お堀の周りにも彼岸花。
IMG_5578.jpeg
 駅前では、山本太郎氏が街頭演説。文化費の増額、財源についてわかりやすく熱弁を奮っていた・
(ビデオぶれてお見苦しいのですみません)。
IMG_5583.jpeg

帰りのJRは、地震で島田と浜松間は運行停止中。静岡では感知しない程度だったので意外。降雨多量で足止めは食らった事や人身事故はあったが、何でも当たり前にあると思っているとそうではないことが、災害のみならず多いような気がする。
posted by すここ at 00:16| Comment(0) | 日記

2020年09月21日

新聞記事から(2)


IMG_5223.jpeg
 9月の半ばくらいにこのリニアの記事が掲載されていた。愛知トリエンナーレでは奮闘した大村知事、先日は大阪の吉村知事まで国策に反することはいかがなものかと静岡県の環境問題に対する懸念は共有すべき問題なのに他人事、都会にもいずれは巡ってしっぺ返しが来ると思う。素人考えではあるが、単純に水を返すだけの問題ではなくもっと広範囲に影響は及ぶに違いないと誰でも思うのではないか。自然を食い物にしての人間の都合、特に都会中心の発想は、諫早湾干拓、長良川河口堰、辺古野埋め立てを思い起こさせるが、リニアが後に取り返しのつかない愚作にならねば良いが。『青い地球は誰のもの』というNHKで放映されたTV番組『70年代我らの世界』のテーマ曲を思い出す。昭和45年から始まったが、地球環境問題を既に取り上げていた。
 さて柑橘類が若葉を食い尽くされてダメにされたが、9月に入ってネットをようやく被せてみた。中旬までは、まだナミアゲハは残党がいてやってきたが、周囲を何周もした末に諦めて去っていった。中の柑橘類はかなり大きくなってきた。何故かここには植えていないトマトも大きくなった。
IMG_4656.jpeg
IMG_5588.jpeg
 その後は、ネットの中にはカエルが居ついているし、
外にはスイカの大木と思われるカボチャが正体を現してネットに覆いかぶさっている。先端を切っても切っても次々に別のところから伸びてゆく。いつまでこんな調子なのか?
IMG_5585.jpeg
IMG_5260 (1).jpeg
庭の方には、ナミアゲハの幼虫とカエルがミカンの葉っぱにくっ付いている。幼虫に大分喰われているが、こちらのミカンは十分耐えられそうなのでそのまま見逃す。幼虫にも育ってほしい。
IMG_4829.jpeg
そしてスココは相変わらずタワーの上がお気に入りで寛ぐ
IMG_5405.jpeg
ネズミをハンモックに投げ入れると興奮。遊んでネズミを落っことすが、自分もハンモックからずるり。でもこれを楽しんでいるように見える。



posted by すここ at 07:06| Comment(0) | 日記

2020年09月18日

新聞記事から(1)

 IMG_5224.jpeg
 先週の静岡新聞に「水産資源回復へ工程表案」という見出しが載っていて(上がその記事の切り抜き)、漁獲規制の対象魚を現在の8種に加えて更に15種を追加して広げ、資源回復を図るという。その候補を見てイワシ・ブリ・カレイ・ホッケ・サワラ・マダイ・キンメダイ・ヒラメなどのごく普遍的なスーパーの店頭に並ぶ魚が挙がっていてびっくり。ウナギ・スルメ・サンマが最近漁獲が急減していて、浜名湖のあさり・駿河湾のサクラエビが静岡では更に身近に憂慮すべきものと思っていたが、遂にここまできたかと思い、ちょっと恐ろしくなってきた。森林の伐採、今や工場のみならず農地や家庭などの陸の隅々から世界中の海に行き渡ってしまった化学物質などの環境異汚染、人の手による宅地化・農地化・工場地化などの自然の限界を越えた改変、これと関連して臨界点を越えて顕在化してしまったのが温暖化・異常気象なのでしょう。光があれば、必ず影がついてくるのは避けられない法則みたいなものでどうしようもない。
 さて、秋になってきて、まだまだ家にはカエルだらけ。それでも多少減ってきたか、嗜好が変わったのか、以前のように夜の門灯は魅力的な場所ではなくなったらしく、張り付いているカエルは減ってきた。
 IMG_4919.jpeg
 写真のように虫は門灯にいるようだが、カエル側の都合でかこの夜は全くいない。 
 カエルもサイズは小さい事は共通だが、似た様な色と柄でみんな親戚のよう。
IMG_4674.jpeg

IMG_4673.jpeg
IMG_4671.jpeg
 さてスココは、戦闘モード開始の勇まし、挑発スタイル。顔を斜めにして背中を上げ、爪先立ち、耳を立て、目玉は大きく見開く。うちに来た時から何も変わらない独特?のポーズ。突然いつも予期しえず一瞬だけ取るポーズなので初めて写真に収めることができた。この後はいつも全力疾走開始。
IMG_4907.jpeg
 のほほんと猫ハンモックの上にいるが、ネズミを投げると前足でキャッチ。以前より上達。
IMG_4831.jpeg
IMG_4832.jpeg
 

 




posted by すここ at 22:46| Comment(0) | 日記