2020年12月06日

村八分

 偶然に映画『村八分』を見る機会があった。静岡県での出来事を題材にしているということで大いに興味を持った。ほぼ映画は実話の通りらしく、脚本は新藤兼人氏。現在の富士宮市にあたる上野村で昭和27年以前から選挙での組織的替え玉投票が行われていて、隣組の組長が家々を回り入場券を棄権するなら代わりに行くと半強制的に回収したりして集め、棄権防止の名の下にこれらの入場券で村の有力者がグルになって都合良く投票していた。選挙管理委員は見て見ぬ振り、村民も沈黙し疑念を表に出すことはなく日常化していた。これに憤りを感じていた高校二年生の女子学生が新聞に告発、これが記事になり全国的話題となり、事件関係者が処罰される。しかし、その後、この村の非難の矛先は、この高校生の家に向けられ、誰も以前のように農耕馬を貸してくれたり、醤油を売らなくなったり嫌がらせを受ける。挨拶しても無視され、友人や親戚も自分たちが村八分にあわないように同調する。勿論村人が総出で手伝う田植えも出来ず生活もままならなくなる。妹もいじめを受け、本人も学校から注意を受け、奨学金を止める動きもあり、家庭内でも父親から罵られ、妹でさえも一時は姉ちゃんが悪いと崩壊しそうになる。
 映画は、この先、母の支えや証言してくれた人のわずかな勇気から次第に共感する同じ学校の同級生たち、教師、新聞記者が立ち上がり、世論を動かす。潜在的に押さえれていた村人まで農作業を手伝いに来てくれるようになり、美しい富士山を背景に女子学生の笑顔のハッピーエンドで終わる。今でも各組織、個人に当てはまるパターンで昔だからの事ではない。しかし、やはり希な展開であったがために映画の題材となったのでしょうし、特に今では共感して学校全体で議論することはなさそうで立ち上がって援助してくれる人も少なく、また圧力をかける側もこの映画のように保たれている一線を越えていくらでもやってくるだろう。
スクリーンショット 2020-12-06 20.46.41.png
各家々を回って、選挙に行けない人から選挙の入場券を集めて行くところ
スクリーンショット 2020-12-06 20.47.54.png
繰り返し何回も同じ人が投票を頼まれているところ
スクリーンショット 2020-12-06 20.49.22.png
新聞記者が違法選挙を村人に尋ねても全く知らないというのみで口をつぐむ
スクリーンショット 2020-12-06 20.38.54.png
校長から咎められ、正義よりも周囲に同調することがこの世の習わしと説教される
スクリーンショット 2020-12-06 20.41.09.png
家族の中でも分裂の始まり。母親は理解者であるが、父親はとんでもないことをしてくれたと思っている。
 さて、全く話は代わって猫帽子。耳の部分に穴が空いている。
IMG_6911.jpeg
 まずはパペットのポッサムにかぶせてみるとなかなかお似合い、かわいらしくなる。スココにトライしてみる予定。多分怒ってパンチを浴びせてやらせないでしょうけれど。
IMG_6909.jpeg

posted by すここ at 11:13| Comment(0) | 日記

2020年11月18日

朝の訪問者

 11月なのに真夏日の連続、日に当たるドアのノブを持つと日中暑くまるで夏の時に近く焼けるよう。クリニック開始前の朝、職員通用口曇りガラス越しに鳥の影。鶏冠が赤く大きさからも雄のキジ!何でこんなところに用があって来たの?このドアの前を行ったり来たり時にこっちを向いてドアのガラスを突っついたりするので中にはいりたいということ?いつまでも見ている訳にはいかないので別のドアを開けて近づこうとしたがすぐに気づきばさばさっと大きな羽尾音で飛び立ち道路反対側の山側の草の生い茂った空き地に身を隠した。
IMG_6716.jpeg
IMG_6717.jpeg
IMG_6715.jpeg
 開業後まだ周辺に人家施設のない頃、野原の空き地が広がっていてた。夜、ケーン、ケーンと鳴く声は初めてで一体何だろうと最初は思っていた。クリニックの裏によく来ていて、ミミズや植物の実でも食料としていたのか、人に気づくと裏の木や草陰に身を隠し、ギリギリ近くなると突然バサバサッと舞い上がって急上昇して逃げていった。あの桃太郎に出てくる
キジが目の前に現れて昔話がとても身近なものになった。車の運転中に道路を横断するキジを見た人に聞いたが、こちらを横目で見て余裕を持って歩いていったそうなので気が強く人間との駆け引きが上手なのかもしれない。だから桃太郎の子分として仕えれば役に立つと見做して作者が登場させた理由のひとつかなと想像した。その後、瀬戸内海に面した岡山県に立ち寄ったとき朝このケーンケーンを聞いた。なお、本日の朝見たキジは再度入り口に戻って来たのでもう訪れてくれないかもしれないが、きじの餌を撒いておいた。
 写真は、クリニックの裏に訪れたきじの雄と雌。
DSCN0255.jpeg
 雄のアップ。一寸ぼけていてすみません。
 スクリーンショット 2020-11-23 0.47.03.png
posted by すここ at 23:52| Comment(0) | 日記

2020年11月06日

スココに冬

 この頃急に寒くなった。クリニックは、ついこの間まで冷房だったのが、毎朝暖房23°でセッティング。昼は半袖可能であったが、夜の外出はセーターに上着まで必要。家では、毎朝ガサゴソガサゴソ枕元に来ては、人に起床を促す目覚まし猫だったスココがここ2日間やってこない。7時になるのに変だと思って2階を覗くと姿は見当たらないが布団の中を見ると
IMG_6597.jpeg
丸い目をしたスココが埋もれている。上下にちょっと布団を避けてみても全く瞬きもせず動かない。熱産生猫で漢方なら全くの陽証のスココらしからぬ静けさ。余程今日は寒いらしい。昨年は、冬も関係なく飛び回っていたが、1歳半となる今月は成年を飛び越えてじじ臭くなってしまった。昼間も日のあたる場所に移動。とても静かな今日のスココ。先週は外出したがってどうしようもなかったのだが。
IMG_6595.jpeg
IMG_6600.jpeg
 季節外れでちょっと関係ないが、イラストレーターの町田尚子さんの絵葉書。私のお気に入りの一枚で猫らしさが溢れている。猫が大好きな人なのでしょう。他にもクリニック用に絵葉書を用意しました。
IMG_6409.jpeg
IMG_6413.jpeg
IMG_6414.jpeg

posted by すここ at 23:40| Comment(0) | 日記

2020年10月25日

オンブバッタとスココの散歩

 本日は、静岡新聞一面に浜松行政区の区割り再編成と静岡大学・浜松医大の合併再編成の話題が取り上げられているが、どうも目的と展望が見えない。予算のないこと、少子高齢化、時代遅れとなった様々なシステムの改善が目的と思われるが、具体的にどいうことなのかは記載がない。特に大学の再編については、理系対文系の対立、或いは教育・理・農学部は影が薄く、浜松対静岡の利害対立の図式にも見える。
 さて、晴天だが風が強く、夜は寒くなって来たもののプチベールにはオンブバッタが葉っぱに雌が7匹いる。2匹のみ小さな雄を背負ってペアになっている。更にこれ以外に雄が1匹いてペアをすでに作っている雄と争っている。オンブバッタの雄雌の個体数の比率や日常生活、生殖活動といった生態を知らないので(そもそもおんぶではなくオスが乗っかって何かしているのが人間の感覚からしてそう見えるだけなのでしょう)雄をおんぶしていない雌は、雄から見て魅力がないのか、ことが済んでいて雄はもう用がないのか、よくわからないがさっぱりして見える。雄を乗せていると雄に楽をさせているように見えてしまい鬱陶しくないのかなあと思ってしまう。
 フリーの雌が2匹、プチベールにとまっているが、2週間前には単独の雌はおらず全て雄を乗せていた。
IMG_6404.jpeg
 雌に既にのっかっている雄を狙う別の雄
IMG_6383 (1).jpeg
 この後、雄の片方はあっという間に吹き飛ばされてしまう動画があるのですが、重すぎてここに残念ですが載せらませんでした。
 さて今度はスココ。ハンモックの上で何か面白いことはないか。今日も遊びに意欲。
IMG_6382.jpeg
 お魚のおもちゃとしばし格闘、噛み付いたり引っ叩いたりしていたが、差す陽光に思わず心地よくなり日向ぼっこ。大人しくなった。
IMG_6377.jpeg
 半年ぶりに外出。突然走ったり、跳ねるので首輪でなく同輪。全て興味津々。
スクリーンショット 2020-10-26 22.46.53.png
スクリーンショット 2020-10-26 22.45.05.png
スクリーンショット 2020-10-26 22.46.13.png
 味をしめて午後ももう一度おねだりしてお出かけ。もう付き合っていられない。
posted by すここ at 11:16| Comment(0) | 日記

2020年10月11日

秋モード

 秋雨と台風一過、10日まではさすがに半袖ではとても寒いと思ったが、今日は暑い。暑さを言い訳に先延ばしにしてきたこともそろそろやらなくてはいけない。コロナは一段落なるも東京帰りは、まだまだバイ菌扱いでとても受け入れられない。先週、緊急避妊ピルが薬局で入手できるようになるというニュースがあった。アメリカでは、薬局でピルは以前から売られているそう。今から30年ほど前にアメリカンファーマシイーという薬局があった。医薬品を販売していたが、イノバンをはじめとした病院にしか置いてないような注射剤などの医薬品、それも劇薬類が平然と並んでいて驚いた。理由はわからなかったが、多分アメリカ人のための薬局であったのかと思うが、日本と感覚がとてつもなく違った。また、もう禁止になってしまったが、オーストラアのエアーズロックを訪れた時にバスの中で降りる前にアナウンスがあり『先日、日本人がエアーズロックから転落してヘリコプターで搬送された。あなた達の幸運を祈る』といって」送り出された時もびっくりしたことを思い出す。自己責任という意識の大きなズレがあるので多分外国と比べて、ようやく販売可能となったかという思いである。
 クリニックは秋モードに置き物も多少時期がずれているが衣替え。飛び出す絵葉書の紅葉。
IMG_5683.jpeg
 トンボも夏っぽいが、これも飛び出す絵葉書。
IMG_5630.jpeg
 ハロウィンはこれから、可愛いsmall specter
IMG_5684.jpeg
IMG_5686.jpeg
中待合と診察室にあります。
posted by すここ at 00:05| Comment(0) | 日記