2020年11月18日

朝の訪問者

 11月なのに真夏日の連続、日に当たるドアのノブを持つと日中暑くまるで夏の時に近く焼けるよう。クリニック開始前の朝、職員通用口曇りガラス越しに鳥の影。鶏冠が赤く大きさからも雄のキジ!何でこんなところに用があって来たの?このドアの前を行ったり来たり時にこっちを向いてドアのガラスを突っついたりするので中にはいりたいということ?いつまでも見ている訳にはいかないので別のドアを開けて近づこうとしたがすぐに気づきばさばさっと大きな羽尾音で飛び立ち道路反対側の山側の草の生い茂った空き地に身を隠した。
IMG_6716.jpeg
IMG_6717.jpeg
IMG_6715.jpeg
 開業後まだ周辺に人家施設のない頃、野原の空き地が広がっていてた。夜、ケーン、ケーンと鳴く声は初めてで一体何だろうと最初は思っていた。クリニックの裏によく来ていて、ミミズや植物の実でも食料としていたのか、人に気づくと裏の木や草陰に身を隠し、ギリギリ近くなると突然バサバサッと舞い上がって急上昇して逃げていった。あの桃太郎に出てくる
キジが目の前に現れて昔話がとても身近なものになった。車の運転中に道路を横断するキジを見た人に聞いたが、こちらを横目で見て余裕を持って歩いていったそうなので気が強く人間との駆け引きが上手なのかもしれない。だから桃太郎の子分として仕えれば役に立つと見做して作者が登場させた理由のひとつかなと想像した。その後、瀬戸内海に面した岡山県に立ち寄ったとき朝このケーンケーンを聞いた。なお、本日の朝見たキジは再度入り口に戻って来たのでもう訪れてくれないかもしれないが、きじの餌を撒いておいた。
 写真は、クリニックの裏に訪れたきじの雄と雌。
DSCN0255.jpeg
 雄のアップ。一寸ぼけていてすみません。
 スクリーンショット 2020-11-23 0.47.03.png
posted by すここ at 23:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: