2020年06月28日

ほげちゃんとスココ

 先日、知人の家を訪ねた。名前の由来は分からないが、毛が多く太い尻尾のほげちゃんというサイベリアンの愛猫がいて、スココより1−2ヶ月若い1才の雌。写真で見るとなかなか品位のありそうな子で人見知りはすると聞いていたが、お邪魔すると部屋のどこにも見当たらない。机の本箱を覗くと大きなまん丸目玉」のほげちゃん発見。『いい猫ねー、かわいいねー』とご挨拶して、何回か覗いて帰り際にもう一度みるとそこに姿はなく、更に奥の方に後退していた。知人も初めは、近寄ってきてくれなくて、1年してやっとスリスリするようになったそう。でも抱っこ大っ嫌い、それなのにいつも半径2メートル以内にいて離れようとすると追いかけてくる。おっとりしていてさりげなく家具に調和してお座りしている。
 これに比べてスココは、この知人が家に来たときには、震えながら近寄って来て怖い物見たさでずうっと観察。2回目に来た時には全くお構いなしに近くをはしゃいで駆け巡った。猫はすぐに人を見分ける力があり、安全パイとわかったのだろう。とにかく遊びはないか、面白いことはないか、始終落ち着かないし、全力疾走大好き。漢方の証なら、全くの陽。明るく、あまり物事にこだわらないアスリート。抱っこも遊びの邪魔にさえならなければ嫌いではない。でも人が離れると近くに追いかけてきて人間の近くで遊ぼうとする。見ていてほしいらしい。ここはほげちゃんと似ている。スココは、今まで通算5匹目の飼い猫だが、みんな性格は違っていて、人間いろいろ、猫いろいろ。動物は、多分性質だけでなく性格も備わっているものは思っているよりもかなり多いのだろう。
 知人の愛猫、ほげちゃん。大きな目玉、品格がある。
スクリーンショット 2020-06-28 11.29.28.png
 本箱の奥に入ってiPhoneを差し込んで撮影したのでブレてしまった。
IMG_3648.jpeg
 カマキリを見つけたスココ。猫は皆そうだが、動く物には興味津々。
IMG_3682.jpeg
 猫パンチ炸裂の瞬間。カマキリはかわいそうだが、不運にも犠牲になる・・・。
IMG_3681.jpeg
posted by すここ at 11:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: