2020年10月25日

オンブバッタとスココの散歩

 本日は、静岡新聞一面に浜松行政区の区割り再編成と静岡大学・浜松医大の合併再編成の話題が取り上げられているが、どうも目的と展望が見えない。予算のないこと、少子高齢化、時代遅れとなった様々なシステムの改善が目的と思われるが、具体的にどいうことなのかは記載がない。特に大学の再編については、理系対文系の対立、或いは教育・理・農学部は影が薄く、浜松対静岡の利害対立の図式にも見える。
 さて、晴天だが風が強く、夜は寒くなって来たもののプチベールにはオンブバッタが葉っぱに雌が7匹いる。2匹のみ小さな雄を背負ってペアになっている。更にこれ以外に雄が1匹いてペアをすでに作っている雄と争っている。オンブバッタの雄雌の個体数の比率や日常生活、生殖活動といった生態を知らないので(そもそもおんぶではなくオスが乗っかって何かしているのが人間の感覚からしてそう見えるだけなのでしょう)雄をおんぶしていない雌は、雄から見て魅力がないのか、ことが済んでいて雄はもう用がないのか、よくわからないがさっぱりして見える。雄を乗せていると雄に楽をさせているように見えてしまい鬱陶しくないのかなあと思ってしまう。
 フリーの雌が2匹、プチベールにとまっているが、2週間前には単独の雌はおらず全て雄を乗せていた。
IMG_6404.jpeg
 雌に既にのっかっている雄を狙う別の雄
IMG_6383 (1).jpeg
 この後、雄の片方はあっという間に吹き飛ばされてしまう動画があるのですが、重すぎてここに残念ですが載せらませんでした。
 さて今度はスココ。ハンモックの上で何か面白いことはないか。今日も遊びに意欲。
IMG_6382.jpeg
 お魚のおもちゃとしばし格闘、噛み付いたり引っ叩いたりしていたが、差す陽光に思わず心地よくなり日向ぼっこ。大人しくなった。
IMG_6377.jpeg
 半年ぶりに外出。突然走ったり、跳ねるので首輪でなく同輪。全て興味津々。
スクリーンショット 2020-10-26 22.46.53.png
スクリーンショット 2020-10-26 22.45.05.png
スクリーンショット 2020-10-26 22.46.13.png
 味をしめて午後ももう一度おねだりしてお出かけ。もう付き合っていられない。
posted by すここ at 11:16| Comment(0) | 日記

2020年10月11日

秋モード

 秋雨と台風一過、10日まではさすがに半袖ではとても寒いと思ったが、今日は暑い。暑さを言い訳に先延ばしにしてきたこともそろそろやらなくてはいけない。コロナは一段落なるも東京帰りは、まだまだバイ菌扱いでとても受け入れられない。先週、緊急避妊ピルが薬局で入手できるようになるというニュースがあった。アメリカでは、薬局でピルは以前から売られているそう。今から30年ほど前にアメリカンファーマシイーという薬局があった。医薬品を販売していたが、イノバンをはじめとした病院にしか置いてないような注射剤などの医薬品、それも劇薬類が平然と並んでいて驚いた。理由はわからなかったが、多分アメリカ人のための薬局であったのかと思うが、日本と感覚がとてつもなく違った。また、もう禁止になってしまったが、オーストラアのエアーズロックを訪れた時にバスの中で降りる前にアナウンスがあり『先日、日本人がエアーズロックから転落してヘリコプターで搬送された。あなた達の幸運を祈る』といって」送り出された時もびっくりしたことを思い出す。自己責任という意識の大きなズレがあるので多分外国と比べて、ようやく販売可能となったかという思いである。
 クリニックは秋モードに置き物も多少時期がずれているが衣替え。飛び出す絵葉書の紅葉。
IMG_5683.jpeg
 トンボも夏っぽいが、これも飛び出す絵葉書。
IMG_5630.jpeg
 ハロウィンはこれから、可愛いsmall specter
IMG_5684.jpeg
IMG_5686.jpeg
中待合と診察室にあります。
posted by すここ at 00:05| Comment(0) | 日記

2020年10月09日

不妊治療と保険適応

 先日、新政権の政策の目玉の一つに不妊治療の保険適応が挙げられた。何となく保険適応というと広く一般に誰でも安価に進んだ治療が受けられるような印象を与えるが、実際にはそう簡単なことではない。今でもこうすればうまくゆく簡単なことなのに何故か保険では通らない方法や薬剤はいくつもある。保険適応の考えは、縛りを設けて枠組みから外させないというのが基本である。また、保険適応にするには通常時間がかかるということもある。不妊治療は、非常に進歩が早く自由度が高いことが特徴であるため全く逆方向である。そして、料金の計算も煩雑となり、人工授精や体外受精の助成金との兼ね合いも考慮しなくてはいけない。また、混合診療は基本的に不可であることを考えると保険診療だけでは難しく結局自費とならざるを得ないし、そもそも高額なのに今でも存続の危うい保険診療を圧迫する事になる。今でも1ヶ月に何回も通院していただくとどうしても一件あたりの保険点数が高くなるので指導を受ける羽目になり、何か保険を荒らす悪者のようである。したがって短期間で何をどこまで保険で行うのか、取りまとめようとしても難問であると思う。更に大きく見れば出産後の育児と仕事の両立する環境整備が必要なのに未だに不十分。そもそも結婚と仕事が女性では両立が困難で、家事や付き合いも負担となり、独身でいた方が制約なく行動ができて結婚が男性に比べて不利になったりすることが多いように感じる。まずは、混乱を避ける意味でも助成範囲の拡充、金額のアップを行い、仕事を辞めたりせずとも気兼ねなく通院ができるようにして十分に保険制度を不妊に即した、特化したような方向に検討を重ね慎重に進めてゆく方が良いのではないかと思う。
 さて秋といっても一気に冬になりそうな気配で少し時期外れですが、9月の終わりに咲いた花。
まずは百日紅。東京で以前に太宰治文学サロンを訪れた時に咲いていてこの後から植えようと思っていた。近所にはとても立派な気になった百日紅も見かける。この赤がいい。
IMG_4911.jpeg
 ピンクのやつ。まだ小さ目。なお周囲の背景は雑草のように蔓延るサツマイモの葉っぱ。
IMG_4910.jpeg
 山吹。これも抑制の効いた黄色。
IMG_5264.jpeg
 植え替えたばら。単発ながら、近づいてしげしげと見るときれい。
IMG_5608.jpeg
 まだ、咲いては消え、咲いては消えをくりかえすオクラ。オクラは巨大化して食べる気がしないが、そのまま伸び放題にしてある。花は、オクラのイメージと違うが、真ん中を見ると角角していてオクラの断面と共通?。
IMG_5617.jpeg
 こちらはD2で買ってきた百日紅のももこ。今年植えてまだ2ヶ月。花は申し訳程度。
IMG_5610 (1).jpeg
 百日紅の林を目指して、まずは5本苗木を植えた。後何年すれば立派になってくれるか?
IMG_5267.jpeg




 
posted by すここ at 16:57| Comment(0) | 日記