2020年05月24日

腸内細菌

 遅まきながら近年盛んに研究されている腸内細菌の本を読み始めた。人間は実に大量の腸内細菌と共生しているが、バランスによっては不安、恐怖という情動と大いに関係する、微生物が心まで操ることが出来ることがわかってきた。この中でトキソプラズマに感染したラットは、警戒心を失い、広々した目立つところに出るようになり、猫の猫に食べられやすくなり、結果的に猫の腸内で増殖し排出されて子孫を増やす。これは生物の摂理。人間でもトキソプラズマに感染した男性は、陰気になり嫉妬深くなったり、不安になりがちで反応が鈍くなり集中力を失うことが多くなるという。猫好きの人は猫から感染しやすいので自分の性格も多少関係しているかと思っているところ夕食の時間。
 腸内細菌叢によかれと思ってレタス、キュウリの大量の生野菜、サンマの塩焼き、大根・豆腐・小松菜・キノコの具だくさんで複数のだしの効いたの味噌汁を食べた。この味噌汁、うちの奥さんに大量に作ってもらったので残すともったいない、食べないと怒られるかもしれないと思いお代わりをした。でも腸内細菌にもいいはずなのできっといいことがあるかもしれないのでお椀3杯ほどすべてお腹に流し込んだ。
 その後、お腹が膨れてきて腸管の蠕動が感じられ、苦しくなってきてつい放屁。奥さんは自分の5倍も食べるからだと罵り、怒って2階にあがったまま降りてこなくなり、スココも避ニャン。自分も集中力を失い、ひとりきりで映画を見ただけで何とかこの日は床についた。腸内細菌のバランスを取ることはどうもそう簡単ではなさそうです。あまりきれいな話でないのですみません。
 写真は、家に咲いた薔薇。咲いたと言うよりはバラが実っているという感じ。来年はもっと増やす予定。
 IMG_3273.jpeg
 
posted by すここ at 07:38| Comment(0) | 日記