2020年08月10日

長崎の原爆記念日

  8月9日は、長崎の原爆記念日。当院のスタッフのIさんは、小倉の生まれ。Iさんから天候不良で原爆投下を免れたという話が出たので改めてウィキペディアで調べてみた。
 当初投下対象の都市として東京、大阪、京都を初めとしていくつかの都市が検討されたが、原爆の威力を試す目的でまだ空爆による被害のない広島、長崎、小倉、新潟が残り、既に8月6日に広島には投下されていた。8月9日同じくテニアン島を友軍5機と共に出発したB29ボックスカーは、残り3都市の中で最も米軍にとって爆撃条件の揃った小倉を標的としていたが、視界不良などの理由から変更され、第二目標であった長崎に投下され7万人以上が犠牲になった。
 視界不良の理由が雲ではなく、霞か煙だという。これは、前日米軍が近くの八幡市に行った空襲の残煙とか、八幡製鉄所の従業員が察知してコールタールの煙幕を張ったからといわれる。9時40分に小倉に着いたものの投下目標の確認が出来ず爆撃航程を3回試みたが不成功で45分を費やした。この間に燃料の余裕が亡くなり更に異常が発生し予備燃料に切り替えざるを得なかった。そして、日本軍の高射砲による攻撃や戦闘機が急発進し的たことも確認され、10時30分に小倉上空を離脱。目標を変更して長崎に向かった。更に小倉到着以前ではあったが、途中連絡トラブルからB29ボックスカーは友軍機とニアミスを起こしていたが、空中衝突は免れていた。
 10時50分頃長崎上空に達したが、積雲に覆われて標的が見えなかった。目視爆撃が出来ない時には太平洋に原爆投棄することになっていたが、命令違反のレーダー爆撃に踏み切ろうとした瞬間、雲の切れ間から眼下に長崎市街が覗けてしまった。この瞬間を逃さずに10時58分投下、11時2分に炸裂した。目標変更からわずか30分後のことであった。ただただ長崎の被爆者の方々には残酷非道極まりない不条理となってしまった。ボックスカーは燃料がわずかになり、帰路は沖縄に急遽緊急着陸。残りの燃料はほんのごくわずかであったという。
 近視眼的に見れば様々な場面で紙一重のところで状況が違っていれば、運命も違っていたのではと思わずにはいられない。広島に投下された時点で意図は読み取られ標的にされる都市は分かっていたので対抗措置が出来れば長崎の投下は避けられたのではないか或いは被害を軽減できたのではないかとも思う。しかし、もっと早く降伏していれば長崎も広島もなかった。敗戦は既に明白であったので更にもっと早く降伏していれば、いや戦争など無謀であることなど初めから分かっていたのだからやめておけば良かったということになるのだが。
 Iさんは、ひょっとしてこの世にいなかったかもしれない。『・・・・・だったら、・・・・・であれば、○○という不幸にならなかったのに。』というタラレバは個人レベルで『事故や病気がなかったら、○○という不幸にならなかったのに。』に当てはまることがないようにと思っていたが、今や予想もしなかった『コロナや災害がなかったら、○○という不幸にならなかったのに。』が最小限に止まって」くれることを願うばかりである。

IMG_4333.jpeg
本日の平和の象徴スココ、
IMG_4388.jpeg
寝てるか、食べてるか、ぐうたらしているか
IMG_4357.jpeg
 とにかく好きなことしかしない
IMG_4366 (1).jpeg
 とにかく、美味しい食べ物があって、安心して寝られる寝床があって、構って遊んでくれれば最高。人間は更にゆっくりと風呂には入れれば最高。
IMG_4334.jpeg
posted by すここ at 20:18| Comment(0) | 日記

2020年08月04日

お花をいただきました、姿を消したロミオ

 遅くなりしたが、7月21日に久しぶりに受診されたT・Eさんからお花をいただきまして、どうもありがとうございました。さりげなく上品なお花で受付に置かせていただきました。
IMG_4305.jpeg
 このところロミオの姿を見なくなって数ヶ月経過(ロミオの名前の由来は5月17日のブログ参照)。雨が降ると来なかったりしたことはあるが、一体どうしたのだろう。ある日を境にぱったりと来なくなった。食べ物ほしさの交流ではあったが、体はお触りさせてくれて、腹出しでアピール。抱っこまで行きそうであった。車にひかれてしまったかとも想像するが、したたかな奴だったので心配するよりも縄張を変えたか、抜け目なくどこかで生きているのだろう。
 大食らいであったので大きな猫の缶詰めを用意しておいたが、余って困っていたが、スタッフが引き取ってくれた。このスタッフは、野良猫を保護してしばらく飼育している知人がいて、食べてくれるか心配であったが、5匹全員凄い勢いで食べてくれたそうである。このところニャンパク宣言の広告をテレビや街中で見かけるが、何はともあれ野良猫を出さないことであろう。人間にかわいがられるためにいる変な動物なのだから。
 食事のために通い詰めていたロミオ。初めは遠巻きにしていたが、食べ物の前に人間に急接近。
IMG_3288.jpeg
 目つきはあまり良くない。いつものことだが。
IMG_3376.jpegスクリーンショット 2020-08-04 13.43.06.png
4匹の保護猫。夢中になってお揃いでロミオ用猫缶食事中。
posted by すここ at 23:11| Comment(0) | 日記

2020年08月02日

贈られた桃

 先日、農園を営む親戚の方が採れた桃を一箱贈ってくれた。coopで買った桃があったが、これよりも一回り以上大きく甘くてスタッフと分け合って美味しくいただいた。ところで農園を発展させたSさんは、既に97才となり、現役を引退し車椅子生活となっている。戦後、満州からソ連に連行され、捕虜生活を送った体験を持つ。また、帰国してからもソ連帰りの者は共産主義に洗脳されているとされ、徹底した赤狩りの時期で就職はなく周囲からも白い目で見られたそうである。何とか農協で借金をして、農具・苗・肥料を購入し、一から果物を作り始め、樹木を見れば何をしてほしいのかわかるようになり、一時は東京の高野フルーツパーラーにも出荷していた。これでも毎年のように借金をしては、果物作り、そして翌年借金の繰り返しでちっとも儲からない。一番お金になったのは土地を転売したときのみだったという。92才まで軽トラックを運転して散在する丘陵地の小農園を巡って早朝から農作業に勤しんでいた。その後は、公務員を定年退職となった長男のTさんが後を継いでいるが、農協では一番の若者でとても重宝されているという。農協では雑用係がほしいようだ。とても60才には大変であるが、近所づきあいのこともあり、農協だけでなく様々な地元の会合にも顔を出しとても忙しい。
 一方奥さんのMさんは、この生活ペースに適応するにはとても無理。この家に初めて来た途端にSさんから背負子を渡され困惑。Sさんの要求通りに働かないと悪口を言われ近所にも働かない嫁が来たと吹聴。家事をきちんとやったつもりでもSさんの思っているやり方に外れたりすれば気が利かない嫁とされ、殺風景なのでちょっと装飾品を買おうものなら勿体ないと文句を言われるばかり。気がつけば自分名義の貯金は底をつき、Sさんの長女が出戻って来てますます居場所はなくなってきたが、逃げられない。ここは、お嫁さんの目線からのお話で農業が軽んじられてきた政策に行き着くことになると思うが、優秀なSさん、息子さんのTさんをを以てしてもこのようなことになってしまうので田舎や農家に嫁が来ないで高齢化し、若い人たちは縛りのない東京志向、独身志向となってしまうのでしょう。人口減少や昨今の異常気象と相まって将来はどうなってしまうのかしらんと思うが、そんなことより丹精して送って下さった作品なので感謝しつつ食べると甘く適度に柔らかくとても美味しい。そのうちうまさにだけ頭は囚われて、そんな余計な思いは吹っ飛び、贈られ主の奥さんの分までさらって桃ばかり食べていたらあっという間に2キロ体重増加。今にあの頃は美味しい桃があったのになあと、桃に限らないが思いを馳せる時代が来るのだろうか。
Sさんの葡萄農園、整然としている。東日本大震災の時は近くの地域で桃にセシウムが検出されてたいへんだったそう。ぶどう園もあちこち空の棚が目立つって来た。
IMG_2112.jpg
Sさん。既に友人は他界しているのでお墓に向かって○○ちゃん、○○さんと話しかけていた。
IMG_0737.jpg
同じくSさんと近所の方、こちらが最新の写真。
IMG_5463.jpg
posted by すここ at 08:40| Comment(0) | 日記

2020年08月01日

精液検査

 久しぶりに自分で精液検査を行う機会があった。液状化を待って、容量・外観・粘稠度を調べる。やや生臭いにおいがして、昔の教科書には栗の花の匂いがすると記載があったが、ピンとくる人は少ないだろう。簡便的にマクラーチャンバーで観察。100μ×100μの面積の1マスの中にいる精子を10マス数えて、この数に100万を掛けたものが1mlあたりの精子の濃度となる。当然ではあるが、精子は動いているから1マス内を数えているうちにマスの中に出入りするものがいるので素早くカウントすることになるが、誤差が生じる。このため新入の培養士さんには何回も一緒に数えてもらって『目あわせ』をやっている。人工授精や体外受精で処理を行った精子は少なくはなるが、もっと動きが激しく速くなるのでこちらも何回も目あわせを行い、一致するまで行う。特に顕微授精を行うか、通常の体外受精の媒精で良いのかは、この濃度で決定するので意味は大きい。最近は簡便な精子自動カウント装置もポピュラーとなってきたが、基本を知らないことには始まらない。
 じっくり精子を見ていると奇形の精子は少なからず観察され頭の大きなもの、小さなもの、未熟なもの、尻尾の曲がっているもの、2本尻尾のあるもの、短いものが見て取れる。しかし、もっと細かい頭部の形のどんぐり型、丸型、先細り型の精子、先体異常などの観察はdiffqickという染色を行って、動いている精子も止めて標本で観察しないと正確にはわからない。結果的にわずか4%以上の正常精子があれば正常所見となる。もっとも正常所見というのも必ずしも当てにならない。これは形態の検査で機能、すなわち受精能力を見る検査ではないからだ。
 でも何でこんなにreproductionに精子が必要でこういうシステムになっているのか、自分で生んで作って養ってやってこんなものを飼っていたのか、死滅精子という言葉があるので生き物?生物?生命体?流れのあるところに置くと流れに逆らって泳ぐが何でか?と思うこともある。精子の研究者は遺伝子、分子など様々なレベルでの疑問解明に日々勤しんでいて日進月歩。すぐではないが、いずれは自分の細胞から精子を作る時代が来るのであろう。
posted by すここ at 22:48| Comment(0) | 日記

2020年07月23日

20年以上前のこと

 このところ以前に先週、大学病院時代にお世話になった大先輩のK先生が、体調を崩され集中治療室に入院後無事退院。しかし、ご高齢のこともあり、施設に入所されたとお知らせをいただいた。20数年前、K先生は既に開業されていたが、オーストラリアで開催の体外受精のセミナーに同席させていただいたことがある。終了式で各国の参加者の中から代表で突然のスピーチの指名を受け流暢な英語でユーモアを交えて挨拶され、高名な先生だったのかと驚かされた。
 更にここから思い出されたことがある。話は変わるが、このセミナーの1週間前は、先輩の二人の先生に連れられてシドニー大学の関連病院、ロイヤルノースショア病院の体外受精と研究施設を見学した。当時はまだ、日本でも体外受精での妊娠成功例のある施設は数えるほどで当大学病院も一例のみであった。患者さんでも体外受精をオーストラリアで受けることを希望されて出国された方もいた。このため勉強する機会をいただいたので緊張もしたが、わくわくしながらどんなに活気のあるところだろうと思っての訪問であった。しかし、予想に反してこの病院は、日本の忙しなさと違ってとても閑静な環境、歴史のありそうな建築でありとてもゆったりしていた。病院の中には教会があって、見ていると患者さんがお祈りにきて精神的な支えとなっているとうかがった。医師がネクタイ姿で胚移植する姿、全身麻酔でも日帰り可能、一日7−8件も採卵を行っていること、採卵は各個人クリニックの患者と医師がやって来ていること、培養室を明るくしているので日本だと暗くして行うというと『おまえはパラノイアだ』と言われたこと、当時日本では培養士の存在はなく体外受精は準備から精子・卵子・媒精・胚培養・移植などすべて医師が行っていたが、既に採卵の器具・培養・精子などの細分化・専門化が進んでいて研究室がそれぞれすでに存在していたこと、朝7時に来て17時にはスタッフはみんな帰ってしまうこと、にもかかわらず立派な研究論文が幾多と出ていること、ボスであるダグラスサンダース教授には秘書がいつも2名ついて雑用をすべてやってくれることなど皆合理的にシステムが構築されていて、淡々と物事が進み、細部にとらわれることなく、とにかく裕とりがあって伸び伸びとしていて感心することがとても多かった。コピーの機械のみ我々の方が高性能であった。
 日本では、朝8時すぎから夜は21時など当たり前、大学に予算が足りないので薬の治験で研究費稼ぎ、秘書を雇う予算がたりないので雑用は自分たちで行わざるを得ず、研究費獲得のための書類の多さには閉口していた。この頃、日本はバブルに突き進んでいてお金はあったが、研究にはお寒い限りでバックアップ体制がなく、各個人の努力に委ねられ、そういう意味で日本は本当はとても貧しい国なのではないかと考えざるを得なかった。何だか日本に帰りたくない気にもなったが、あっという間に別世界の2週間は過ぎてしまい帰国。その後やはりこの状況はあまり改善されることはなく、研究費や教育費はますます削減され、最近は、この上に働き方改革、コロナまで出現、そして人口減少に伴う人材不足とあまり明るい材料はないが・・・・・、などとぶつくさ言っている前に現実にはやることが手いっぱい、先ずは明日を無駄にしないように早く寝ること。
 相変わらずよい気のスココ
IMG_4183.jpeg
 やはり相変わらずよい気に見える蛙たち、まだ増えそう。オクラの葉っぱがお気に入り
IMG_4290.jpeg
 ブラックベリーの実。黒くなって力を入れなくてももげると食べ頃。時々つまみ食いをしているが酸っぱい。
IMG_3675.jpeg




posted by すここ at 22:11| Comment(0) | 日記